地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

私が夫を大好きな理由

11月22日、いい夫婦の日ということで、今日は夫について書こうと思う。ただの自慢話になるかもしれないが、お付き合い願いたい。

 

私は夫が大好きだ。

まず性格がよい。家族を大切にしてくれる。仕事が忙しいのにも関わらずお休みの日は子どものためにどこかへ連れていってくれる。さらに、洗濯をしてくれたりゴミ捨て、掃除など家事もこなす。

そして私に気を使った一言をくれる。「お弁当ありがとう」からはじまり、朝寝坊したら「寝てていいよ」など。誕生日には花束をくれる。

あと、何と言ってもかっこいい。私のタイプなのだ。声も好きだし匂いも好きだ。

 

ここまで書いてちょっと恥ずかしくなってきたが、実はイライラもする。文字だけ見ると完璧な夫。イライラなんてっと茶碗を投げられそうだが、そんな完璧な人間なんていやしない。

飲んだものが置いたままのときもあれば、畳んでいない洗濯物がある&子どもが泣いているのにテレビを見ていたり(私は夕食作り)する。

優先順位が 自分>子どものときは、見ていてやっぱりイラっとする。それあとでよくない?と言いたくなる。

 

しかしそれはきっとお互い様なのだ。

私も完璧な人間ではない。それに完璧な妻でもないし母でもない。

そんな自分を愛し大切にしてくれる夫が大好きなのだ。

 

そんな夫と仲良くいるために、普段の生活でなるべく「ありがとう」と言うように気をつけている。というのも、家事を手伝ってもらった時に手伝ってもらった、という罪悪感があるのかどうしても「ごめんね」と言ってしまう。ニュアンスは伝わるしごめんねも大事な言葉だが、ありがとうの方が言われて気持ちがいい。

 

夫婦であろうともお互いを尊重し、大切に思う気持ちがあるのであれば、その気持ちを惜しむことなく伝えるべきだと私は考える。

言えばわかるというのはナンセンス。人間は言葉を使えるのだから有効活用した方が良い。「愛してる」「ありがとう」「嬉しい」この言葉で幸せになれるならどんどん使うべきだ。

 

ご縁があり夫婦となった夫と私。

いつまでも仲良く、尊敬の気持ちを忘れないでいたい。

子どもが夜泣きしてるのに夫が寝続けてイライラしたら、この日記を読み返すことにしよう。