地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

煮てよし焼いてよし薬味よし

最近急に寒くなってきた。

急激な気温の変化についていけない。

背筋がぶるっと寒く感じたなら危険信号。風邪をひいてしまう前に、対策をしなければなりません。

 

風邪かな、と感じた時にまずすることはうがい手洗い。緑茶を飲む。ハチミツをなめる。首を温める。そしてネギを食べる。

私の中でネギは万能野菜で、これを食べれば健康でいられるだろう野菜ランキングの上位3位に入っている。私調べ。

実際ネギを頻繁に食べると風邪をひかない。気がする。ネギやタマネギを切った時にツーンと涙目になるあの成分がきっと体にいいのだと思う。これも私調べ。

 

そんなネギ好きが特に好きなネギの食べ方をご紹介します。

薬味ねぎを小口切りに。下準備はこれだけ。あとは温かいごはんにおかかパラパラお好みで。その上に切ったネギをパラパラこれもお好みで。上から醤油をたらりとかけたら、ハイ出来上がり。即席ごはん、ねこまんまの完成だ。

お腹が空いた時、何も作りたくない時、冷蔵庫に納豆がないとき、前日食べ過ぎてしまったときもオススメです。

 

さらにもう一品。

長ネギを小口切りに。フライパンにゴマ油ちょろり。切ったネギを入れてしなっとしたら赤味噌とお砂糖。どちらもちょっと多めに。白ゴマフリフリ。ネギ味噌の完成。ご飯のお供、おにぎりにどうぞ。

 

さらにさらに。

長ネギ斜めに細めに切って、塩胡椒を振った豚バラとゴマ油で炒める。塩強め。ちょっぴり和風だし。塩ネギ豚出来上がり。実に簡単。塩の加減が結構重要ですよ。

 

ここまで書きましたがお気づきでしょうか。

ネギは常に脇役だということを。

主役にはなれないけど、いないと困る。煮るなり焼くなりしてしまえば主張しないのにいい味を出す。しかも体にいい。お値段は、選べば安い。

あぁなんと健気なのだ。ますます好きになったぞ、おネギ殿。

 

今日も今日とてネギを使った料理を食べる。

美味しく風邪予防、この冬も健康で乗り越えたいものだ。