地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

おみくじ感覚青菜炒め

家の近くに美味しい中華料理店がある。店主は無愛想だが繁盛している。どの料理も美味しいのだが、中でも私は青菜炒めがお気に入りだ。シンプルな小松菜だけの料理。これを初めて食べた時衝撃だった。シャキシャキ歯ごたえ。ニンニクの香り。出来立てあつあつをハフハフしながらペロッと一皿食べてしまった。小松菜は炒めたら美味しいのだと恥ずかしながら初めて知った。

家に帰り早速作ってみた。お店の味を思い出しつつ、何が入っているのか予想して作った。

まずニンニクをスライス。油で香りが出るまで炒めたら洗って一口サイズに切った青菜を入れる。シャキシャキした茎の部分は最初に、少々炒めたら葉っぱの部分。火が通るかな、というところに塩少々とちょっぴり中華調味料。我が家はチューブタイプのものを使っている。しんなりして青菜から出た水分がソースのようになったら完成。ザ、シンプルイズベスト。

ワクワクして食べてみた。うん、美味しい。美味しいのだが、予想通りの味。うちで作る青菜炒めの味だった。

夫はおいしいよと言ってくれたのだが、私は満足できなかった。

 

後日、例の中華料理店へ行った。頼みますのはもちろん青菜炒め。さあさあ今度こそおいしさの秘密を明かしますぞと意気込んでいた矢先、テーブルに運ばれて来たのは…えっ?これ青菜炒め?人参やらキノコが入ってますよ。しかも小松菜ではなくほうれん草。

そのお店は決まったメニューはあるものの、材料は季節や仕入れによって変わるようだった。ようだった、というのはお店に直接確認はしていないので、このように私は推測している。だって店主、愛想悪いんだもん。そういえば前回も頼んだたまごスープに今回はトマトが入っている。青菜炒めだけではなく、もしかしたら全てのメニューでその日のアレンジをしているのかも。

とにかくショックを隠しつつひと口。おいしいよ、おいしいけど私は小松菜の青菜炒めが食べたかったのだ〜と叫びたい気持ちもほうれん草と一緒に飲み込んだ。

 

それ以来、機会がなくそのお店には足を運んでいない。もしまた行く機会があれば迷わず青菜炒めを頼むと思う。今度は何の野菜が入っているのか、運試しだ。