地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

トロトロあんかけうどん

正直に告白します。私はあんかけが苦手です。スライムのような見た目、ドロリとした食感。

 

苦手になった原因は、おそらくアレ。

幼いころに母の作った麻婆豆腐を食べたところ、うまく水に溶けていない片栗粉のかたまりが出てきた。それを食べてしまったのですね。そのマズさたるや私の文章力では表せない。

 

それ以来、麻婆豆腐、カニ玉、八宝菜などのトロトロ系ごはん、さらにはみたらし団子も食べられなくなった。し、見るのも嫌だった。

しばらく私はあんかけの呪縛が解けないままでいた。

 

そんな呪縛が解かれたのはつい最近。夫と結婚してからだった。

 

ある日夫が風邪をひいた。喉が痛く、寒気がするとのこと。こりゃいかんと、何か温かくなるものを食べようとなり、土鍋でうどんを作った。

 

まずは喉の痛みに大根おろし。たっぷりとする。そして万能野菜のネギ。これもたっぷりと小口切り。出汁にうどん、先ほどの大根おろしとネギをいれ、さらに身体が温まるように生姜をすりすり。蓋をしてくつくつと煮る。

うーん、もう少し味の決め手がないものかと冷蔵庫を探してみる。ありましたありました、これいいんじゃないか?取り出したるは身体に良さそうな食材、梅干し。これも土鍋にポトン。

 

ここまで作って、なぜか、私はふと思い出した。職場の先輩は、風邪をひいたときはあんかけうどんを食べるという。

んんんーあんかけうどんか…。

幸い片栗粉はある。

自分の分も作っちゃったんだよなー。

食べられるかな…。

のそのそと片栗粉をお皿に出し、蛇口から水を出す。じゃばっ。あっやば入れすぎかな…まぁいいや…。

 

あんかけにさほど情熱のない私は適当に作った水溶き片栗粉を土鍋に入れた。火にかけてみるとそんなにトロミがなくいい感じに仕上がった。ポタージュより少しやわらかい硬さ。汁をレンゲで垂らすとぽたりぽたりと落ちていった。

 

アツアツを夫に出したところ大絶賛。うまいうまい、これが食べられるなら風邪をひいてもいいとまで絶賛するものだから、ニヤニヤしながらどれどれと私も食べてみた。あらやだ、おいしいじゃないの。

 

結局夫は風邪が治るまでの3日間、このうどんとおかゆを交互に飽きることなく食べていた。

ということは私も同じメニューになるわけで、飽きるまでトロトロうどんを食べたのだ。

不思議なもので、食べ続けるとあんかけが苦手ではなくなった。ただ、自分で作ったものに限るが。

 

というわけで、訂正して正直に告白します。私はあんかけが苦手でした。過去形です。風邪をひいたときはトロトロうどんを食べたくなるくらいのあんかけ好きになりました。以後お見知り置きを。