地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

っおーい!の部分が大好きです

おかいつってご存知ですか?

NHKの幼児向け番組 おかあさんといっしょの略称だそうです。知らなかった。

娘はいまこのおかいつのブンバボーンにハマっていて「ブンバボーン見る?」と声をかけるとニヤっと笑い手をひらひらとさせ、中腰で屈伸をする。

ブンバボーンとは、おかいつの最後に体操のお兄さんが子供たちを引き連れ踊る踊りだ。

おかいつは毎日朝夕と放送しているのだが、夕方は保育園に行っているため、朝しか見られない。

 

 と、ここまで書いて昨日は寝てしまった。

そして今から書くことは昨日起きたありのままのことだ。

 

私は気が付けば踊っていた。全力でブンバボーンを踊っていた。

ブンバボンボンボブンバボン♪

ブンバボンボンボブンバボン♪

娘がこちらを見ている気がするが御構いなしだ。

ウーッハッ!

ここのところ育児や仕事に疲れ、日頃の鬱憤がたまっていた。まだ夕食の準備がある。まだお風呂の準備がある。まだ畳んでいない洗濯物がたまっている。そのあと寝かしつけ、食器洗い、洗濯物を干す作業、夜泣きの対応……

その思いを振り払うかのように私はテレビの前で踊り狂った。

 

こんちくしょう!こんちくしょう!

少しでいいから、解放されたい〜〜〜!!!

 

最後はベルが鳴るよ♪

 

終わった。

一曲まるまる全力で踊っていた。

踊り終わったころにはなんだか清々しい気分だった。菩薩のような気持ちでベルが鳴るを見ていた。握りこぶしは微笑みに変わっていた。

 

私に足りなかったのは運動か。はたまたストレス発散か。

その日は夜8時に寝かしつけをしてそのまま朝まで一緒に寝ていた。

 

育児をしていると視野が狭くなることがある。

どうして私ばかり。なんで私だけ。

そんな気持ちでいっぱいだった。

日々生活していると、自分の気持ちや欲求に鈍感になり、思いの外追い詰められていることにギリギリになって気がつくのだ。

 

ストレスをうまく解消できれば問題ないのだが、溜め込んでしまうと私みたいにキャパオーバーになり、ブンバボーンを全力で踊らなくてはならなくなる。

 

それでも容赦なく毎日はやってくる。

くそったれーと立ち上がれる日ならいいが、そうもいかない日だってある。

 

戦おう。母親と言う名の戦士たちよ。

明日はきっと明るい未来だ。

いつか来る一晩中安眠のために。

 

ふとひとつの疑問が。

ブンバボーンとはなにか。

歌詞の中に答えはない。