地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

生駒里奈さんの卒業、の巻。

今日、乃木坂46の生駒里奈ちゃんが卒業を発表しました。

わたしが乃木坂を知ったころ、生駒ちゃんはセンターを務めていて「乃木坂の顔」でした。

第一印象は、幼さの残る少女から大人へと成長する途中の危うさを持った女の子でした。

 

いつかのブログで「昔は自分に自信がなかったけど、最近は可愛くなるのが嬉しい」と書いていたのを読んで、あぁこの子はもう大人になりつつあるのかなぁ、となぜかおばさん目線で勝手に寂しさを感じていました。

 

ぐるぐるカーテンおいでシャンプーとかわいいアイドルソングから一転、制服のマネキンを聞いた時の衝撃。言うなれば反抗期感。え、昨日まで一緒に遊んでたじゃん?!もう部屋に籠っちゃうの?!的な。(例えが下手すぎる)

制服のマネキンのMVは本当に素敵です。生駒ちゃんの存在感がすごいです。余談ですがサイレントマジョリティーに通ずるものがあると感じています。

 

もちろんセンター経験後、二列目以降になってからも生駒ちゃんは腐ることなく乃木坂を支えていたように思います。

二期の堀ちゃんが初センターに抜擢されたとき、生駒ちゃんだけが笑顔だったのがとても印象に残っていますし、AKBと兼任になったときの総選挙も思い出深いです。

 

彼女は強いです。

そして乃木坂の中で一番成長したようにも思えてならないのです。

初お披露目の挨拶のときに思わず泣いてしまったり、プリンシパルの会見時の記者の質問で辛いことを思い出してその場から逃げてしまったり。

そんな女の子が乃木坂というグループを背負い、良くしたいという一心で戦ってきた日々を思うと、思わず「生駒ちゃんー!!!」と叫びたくなってきませんか?!私は叫びたくてたまらないです!

 

いつもグループを想い、ときにメンバーともぶつかりながら、信念をもち貫く彼女の姿を見て私は勇気をもらっていました。

そんな彼女の卒業発表。

本当に本当に寂しいです。

まだまだ乃木坂として見ていたかった。

 

芸能界で活動されるみたいですし、まだ乃木坂としての活動も残っています。

卒業する日まで見守っていたいですね。

 

 

ここで恐ろしいことを言います。

実は、生駒ちゃんは一番の推しメンではないのです。

生駒ちゃんの卒業でこんなにも動揺するのであれば、推しメンの卒業だとどうなってしまうのか…恐ろしいです。

悔いのないようオタクの活動(推し事)をしていこうと思います。