地下鉄一駅分のポチポチ

ゆるゆる雑談 暇つぶしにどうですか

オタクは楽しい、の巻。

みなさんは、なんのオタクですか?

これなら語れる!

これが好きで、何時間でもやってられる!

など、時間を忘れて夢中になれるものはなんですか?

 

わたしは今は欅坂46の渡邉理佐ちゃん、絵を描くこと、写真を撮ること、漫画や本を読むこと、などなど、浅く広く興味のあることを楽しんでやっています。

 

前は自分がオタクだと語るのがちょっと恥ずかしかったです。

というのも、本当に詳しくて本当に命かけてオタクをやってる人と比べてわたしはヌルくゆるくオタクだからです。

 

好きだけど、そこまで詳しくはない。

けど、一般的な人よりちょっとディープ。

 

好きになるととことん知りたくなるんですよね。

でも飽き性だからそこまで熱狂的じゃない。

だからオタクって言えない。

 

でも好きな気持ちって人と比べる必要はなくて、自分の24時間の中で最もウエイトを占めるものから、ちょっと詳しく調べたくなるくらいの好きでもいいんじゃないかなと思うようになりました。

 

だから上記のいまハマってるものもいつかはやらなくなるかもしれません。それに世の中にはわたしよりもっと深い深いオタクの人はたくさんいます。

 

でも別にそれでもいいや、と思うのです。

だって楽しんでやっているんだから。

どこの世界にも新参者お断り!な空気はあるんですが、そういう空気は敢えて読まず、楽しんでますってオーラを出せばいつのまにか溶け込めるかな、と。

 

ブログ書いてても思うんですけど、アクセス数やら読者数やらいいねの数が多くするためにはってところが重要視されますよね。

でも本来ブログって、自分の好きなことを自由にかける場所でもあると思うんです。

読者の数や、いいねの数が少ないからといって好きで書いてたことをやめたり、そもそもブログ書くのが好きじゃなかったのかななんて思ったり。

共感されないと自信ってなくなっちゃいますしね。

 

でも好きでいることに他人の許可はいらないし、人によく思われたいから好きでいるってのもおかしな話だと思うんです。

だから、自分の好きなことは好きだ!とはっきり主張したほうが絶対に得だと思います。

そういうゆるくオタクな人はきっと他にもいるし、そのくらいが丁度いい話し相手って人もいると思うからです。

 

自分の好きなことをアピールすれば、自分に似た人と仲良くなれる。

これってすごく良いことですよね。

だから私は数や共感よりも、自分の気持ちに正直になりたいです。というかなります!

 

とりあえずいまの正直な気持ちを言いますね。

 

理佐ちゃんかわいーーーーーー!!!!

あーオタク楽しい。